×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  店長日記»  長老健在でございます。

長老健在でございます。

長老健在でございます。

 昨年初夏に脱腸の手術してから、次々に怪我、そして腰の圧迫骨折と痛い思い、そして家族の忙しい日々がようやく落ち着きましたので、この場おおかりして、長老健在のご報告!
 長老102歳元気に過ごしております。

 年明け早々、全く足が立たなくなり、私の主人がおぶって車に乗せ病院へ!
小さな祖母でも、人間の重さに悪戦苦闘する日々が続いておりました。とうとう自宅では寝返りさせることすらできなくなりました。(とても痛がりますので)

 病院と連絡相談して救急車で搬送しそのまま入院。

 1日目は壁をドンドンと叩き、お隣の部屋からの苦情でお引越し・・・・。

 それからも、幾度となくベッドの柵を取り外し、転落・・・・・。

 病院のスタッフの方々も色々と策を練ってくれ、柵を紐でむすんだり、ベッドを低くし、床にマットをひいたりと、本当に良心的な介護をありがとうございました。

 おかげさまで長老はめきめき回復し、リハビリであっと言うまに立ち上がれるようになりました。

 入院期間中は、病院と私の息子の学校が近いため、学校へ送っていった後、保育園児の娘と祖母の部屋へ行き、朝食をとりそこから保育園へ。娘の「いってきますます!」の問いかけに長老は「いってらっしゃいませませ!」と息もぴったりの二人。

 帰りは、息子と病室で待ち合わせして少し話をして帰ります。長老の病室へ行くために普段自転車で通学している息子は、車で行けてラッキー!のご様子(笑) それでも、毎日1度は長老の手をとり「ひいいばぁ~!シワシワやん!」と撫でて帰ります。それでも日中の大半を夢の中で過ごす長老に家族みんな心配しとりました。

 高校受験を控えた娘も毎日はいけない分随分心配しておりました。

 補助付きなら一人でトイレに行けるまでに回復した祖母は、退院できることになりましたが、病院スタッフさんや保健師さんから、自宅での介護は困難と言われ、自宅から徒歩数分の小規模施設へ運良く入所出来ることになりました。

 パジャマから日中は洋服に着替え、皆と折り紙や塗り絵をして楽しく過ごす祖母は5際は若返ったかのようにめきめきと元気いなり皆を驚かせています。今では、母より俊敏にイスから立ち上がり、施設スタッフの方に「すわって!すわって!」と言われ笑いを起こしております!

 ありがたいことに、近所の方も長老のところへ遊びに行ってくれている様で、長老をとおして皆さんの優しさを感じる今日このごろです。


2015-03-25 10:09:02

店長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

CONTENTS

CATEGORY